CVR別 広告の成果判断に必要なクリック数早見表

広告の成果検証のために様子を見る期間は、日数ではなくクリック数で定義することを推奨しています。そして、その必要なクリック数は想定するコンバージョン率によって変わります。詳しくは「広告の成果検証に必要な期間は計算で求められる」をお読みください。 想定するコンバージョン率ごとに成果検証のために必要なクリ

つづきを読む

広告の成果検証に必要な期間は計算で求められる

広告の成果検証に必要な期間はクリック数で定義することをおすすめしています。 しかしながら、「◯◯クリック」などといったマジックナンバーは存在せず、状況に応じて考える必要があります。ところで、必要なクリック数は目標とするコンバージョン単価およびクリック単価の実測値より、確率論的に計算で求めることができ

つづきを読む

ITP・ATTを考慮した時系列分析のためのまとめ

【最終更新:2021年8月18日】 この記事では、広告レポートのコンバージョンの件数を時系列で見る際に、誤った評価を下してしまわないように、ITPやATTの影響を考慮して考える方法を紹介しています。 つまり、○年○月と前年同月を比べるとコンバージョン数が減っている場合に、本当にお問い合わせや販売など

つづきを読む

インプッションシェア損失率(予算)と時間別の傾向

Google 広告・Yahoo!広告の配信で、インプレッションシェア損失率(予算)が発生している場合、「インプレッションシェア損失率(予算)を減らすべき理由」では、「夕方から夜間に広告の表示が大きく減る」と書きました。こちらの記事ではその理由を、1日の広告費は午前0時からカウントされるので時間が遅い

つづきを読む

「累積」の数値で運用型広告の傾向を把握する

運用型広告においては、配信状況の把握が何よりも重要です。配信状態の把握は、進捗だけではなく傾向の把握がとても重要なので、日別の数値をよく見ましょう。しかしながら、1日に獲得できるコンバージョンの数があまり多くないアカウントだと特に、日別の数字ではコンバージョン単価が改善傾向にあるのか悪化傾向にあるの

つづきを読む