絞り込み部分一致廃止後のキーワードの考え方

2021年2月4日にGoogleよりキーワードのマッチタイプについて、絞り込み部分一致を廃止してフレーズ一致に統合すると発表がありました。 今でも絞り込み部分一致の使用を勧める情報発信も多く、実際のところ日本で運用されているアカウントは絞り込み部分一致の利用率が高いことも相まってか、この記事の執筆時

つづきを読む

細分化よりも集約化の方が良いとは限らない

Google・Yahoo!の検索広告のアカウントの構造の話題になると、必ずと言っていいほど「集約化したほうがいいのか、細分化したほうがいいのか」という話題になりますし、わたしもよく質問されます。そして、「アカウント構造を集約化させると機械学習が促進されるので最適化が進む」という派と、「いやいや、ユー

つづきを読む

その施策で機械学習は検索広告を最適化するか

Google 広告・Yahoo!広告の検索広告の運用に機械学習を活用する方法の情報発信は、巷の代理店や運用者によるものだけではなく、Google・Yahoo!からの公式からのものも溢れていて、「○○をすると機械学習が促進される」といった情報をたくさん目にします。数が多いからこそ、間違ってし

つづきを読む

検索広告の「最適化」を言語化する

Google 広告やYahoo!広告などの運用型広告に携わっている人で「最適化」という言葉を使ったことがない人はいないでしょう。このよく聞く「最適化」ですが、いざ「最適化ってなんですか?説明してください」と言われたら、説明できる自信がない方も多いんじゃないでしょうか。 というわけで、今回はこの「最適

つづきを読む

検索広告のキーワードに関するよくある誤解

先日「検索広告の「キーワード」の役割」という記事を公開して、Google 広告・Yahoo!広告の検索広告でキーワードがどの様に利用されるのか、キーワードの果たしている役割はどのようなものなのかを解説しましたが、今回はその続きでキーワードについて良く言われている誤解について解説します。 お

つづきを読む

検索広告の「キーワード」の役割

Google・Yahoo!の検索広告の根幹である「キーワード」ですが、いざ「キーワードってなんですか?」と問うと、はっきり答えられない人がいます。また、キーワードに関する情報発信は公式・非公式問わず沢山ありますが、キーワードの役割をしっかり意識しないと何を信じていいのかわからずに迷走してしまいがちで

つづきを読む