クリック率の過度な改善が費用対効果を悪くする

インターネット広告においてはクリック率の改善がとても重要です。 クリック率が低い広告は、クリック単価が高まったり表示回数が減ってしまったりしますから、クリック率の改善は常に意識しなければなりません。 ただし、クリック率を【意識しすぎる】のはおすすめできません。 なぜなら、「クリック率の改善」を意識し

つづきを読む

15%が新規キーワードだから自動化が必要 の嘘

Google 広告の運用に関わっている方は、Googleからも運用代理店からも以下のような発言を幾度となく聞いたことがあると思います。 ●Googleでは1日あたり35億回の検索がされている●そのうちの15%(くらいだった気がする)が初めて検索されるキーワードである そして、これを理由に「なので、手

つづきを読む

Google 広告の「縮小最適化問題」を解説する

今回はGoogle 広告の縮小最適化問題について説明します。 2018年頃からGoogleは、部分一致とスマート自動入札の組み合わせを推奨していますが(プロジェクト名で言うとMugenです)、この背景には、彼らの言う「縮小最適化問題」があります。 Mugen以降の「部分一致 x スマート自動入札」を

つづきを読む

その施策で機械学習は検索広告を最適化するか

Google 広告・Yahoo!広告の検索広告の運用に機械学習を活用する方法の情報発信は、巷の代理店や運用者によるものだけではなく、Google・Yahoo!からの公式からのものも溢れていて、「○○をすると機械学習が促進される」といった情報をたくさん目にします。数が多いからこそ、間違ってし

つづきを読む

インプレッションシェア損失率(予算)を減らすべき理由

Google・Yahoo!の検索広告やディスプレイ広告では、インプレッションシェア損失率(予算)をなるべく発生させないことが、成果を最大化するにも、データに基づいた調整をするためにも非常に重要です。しかしながら、わたしが診断をするアカウントのうち、少なくない割合のアカウントで、無視できないレベルのイ

つづきを読む

「累積」の数値で運用型広告の傾向を把握する

運用型広告においては、配信状況の把握が何よりも重要です。配信状態の把握は、進捗だけではなく傾向の把握がとても重要なので、日別の数値をよく見ましょう。しかしながら、1日に獲得できるコンバージョンの数があまり多くないアカウントだと特に、日別の数字ではコンバージョン単価が改善傾向にあるのか悪化傾向にあるの

つづきを読む