CVR別 広告の成果判断に必要なクリック数早見表

広告の成果検証のために様子を見る期間は、日数ではなくクリック数で定義することを推奨しています。そして、その必要なクリック数は想定するコンバージョン率によって変わります。詳しくは「広告の成果検証に必要な期間は計算で求められる」をお読みください。 想定するコンバージョン率ごとに成果検証のために必要なクリ

つづきを読む

広告の成果検証に必要な期間は計算で求められる

広告の成果検証に必要な期間はクリック数で定義することをおすすめしています。 しかしながら、「◯◯クリック」などといったマジックナンバーは存在せず、状況に応じて考える必要があります。ところで、必要なクリック数は目標とするコンバージョン単価およびクリック単価の実測値より、確率論的に計算で求めることができ

つづきを読む

クリック率の過度な改善が費用対効果を悪くする

インターネット広告においてはクリック率の改善がとても重要です。 クリック率が低い広告は、クリック単価が高まったり表示回数が減ってしまったりしますから、クリック率の改善は常に意識しなければなりません。 ただし、クリック率を【意識しすぎる】のはおすすめできません。 なぜなら、「クリック率の改善」を意識し

つづきを読む

ネット広告の代理店は広告費の扱いで選ぶべき

オンライン運用型広告の代理店に支払う費用については、手数料よりも広告費の方が重要です。 しかしながら手数料については、「なんで広告費の20%なんだ」や「広告費が増えたら手数料も増えるのはおかしい」などの議論が定期的に起きていますが、広告費の扱いが話題に上がることは稀です。 ですが、実は広告主様にとっ

つづきを読む

検索広告で「キーワードなら社名」はダメです

Google 広告およびYahoo!広告の検索広告では、俗に「なら広告」と呼ばれる 「{キーワード}なら{社名}」の構文の広告はダメです。 ですが、「キーワードをタイトルに含めるといい」という十年近く前のテクニック論を未だに信じている人も多く、「リスティング広告 広告文 作り方」などとGoogleで

つづきを読む

ITP・ATTを考慮した時系列分析のためのまとめ

【最終更新:2021年8月18日】 この記事では、広告レポートのコンバージョンの件数を時系列で見る際に、誤った評価を下してしまわないように、ITPやATTの影響を考慮して考える方法を紹介しています。 つまり、○年○月と前年同月を比べるとコンバージョン数が減っている場合に、本当にお問い合わせや販売など

つづきを読む

検索広告のキーワードに関するよくある誤解

先日「検索広告の「キーワード」の役割」という記事を公開して、Google 広告・Yahoo!広告の検索広告でキーワードがどの様に利用されるのか、キーワードの果たしている役割はどのようなものなのかを解説しましたが、今回はその続きでキーワードについて良く言われている誤解について解説します。 お

つづきを読む

Google 広告の「品質」に関するよくある誤解

以前、「「品質」と「品質スコア」を改めて解説する」という記事で、Google 広告の広告の「品質」と、管理画面上で確認できるキーワードの「品質スコア(Yahoo!広告では「品質インデックス」)」について解説しました。今回はその続きとして、品質に関するよくある誤解について解説します。 おさらい:「品質

つづきを読む