記事一覧

細分化よりも集約化の方が良いとは限らない

Google・Yahoo!の検索広告のアカウントの構造の話題になると、必ずと言っていいほど「集約化したほうがいいのか、細分化したほうがいいのか」という話題になりますし、わたしもよく質問されます。そして、「アカウント構造を集約化させると機械学習が促進されるので最適化が進む」という派と、「いやいや、ユー…

検索広告の「最適化」を言語化する

Google 広告やYahoo!広告などの運用型広告に携わっている人で「最適化」という言葉を使ったことがない人はいないでしょう。このよく聞く「最適化」ですが、いざ「最適化ってなんですか?説明してください」と言われたら、説明できる自信がない方も多いんじゃないでしょうか。 というわけで、今回はこの「最適…

検索広告のキーワードに関するよくある誤解

先日「検索広告の「キーワード」の役割」という記事を公開して、Google 広告・Yahoo!広告の検索広告でキーワードがどの様に利用されるのか、キーワードの果たしている役割はどのようなものなのかを解説しましたが、今回はその続きでキーワードについて良く言われている誤解について解説します。 お…

検索広告の「キーワード」の役割

Google・Yahoo!の検索広告の根幹である「キーワード」ですが、いざ「キーワードってなんですか?」と問うと、はっきり答えられない人がいます。また、キーワードに関する情報発信は公式・非公式問わず沢山ありますが、キーワードの役割をしっかり意識しないと何を信じていいのかわからずに迷走してしまいがちで…

細分化の究極系 SKAGs について考える

Googleが推奨したわけではないですが、検索広告のアカウント構造はSingle Keyword Ad Groups(SKAGs)にするのが良いと言われた時代がありました。「SKAGs」は主に英語圏で使われている表現です。日本だと「1キーワード1広告グループ」とか「1広告グループ1キーワード」とか言…

Google 広告の「品質」に関するよくある誤解

以前、「「品質」と「品質スコア」を改めて解説する」という記事で、Google 広告の広告の「品質」と、管理画面上で確認できるキーワードの「品質スコア(Yahoo!広告では「品質インデックス」)」について解説しました。今回はその続きとして、品質に関するよくある誤解について解説します。 [index] …

インプッションシェア損失率(予算)と時間別の傾向

Google 広告・Yahoo!広告の配信で、インプレッションシェア損失率(予算)が発生している場合、「インプレッションシェア損失率(予算)を減らすべき理由」では、「夕方から夜間に広告の表示が大きく減る」と書きました。こちらの記事ではその理由を、1日の広告費は午前0時からカウントされるので時間が遅い…