検索広告が適切な方法なのかを考えよう

Google 広告およびYahoo!広告の検索広告は万能ではありません。

身も蓋もありませんが、検索広告が適していない商品・サービスは、検索広告をどんなにうまく運用したり、どんなに機械学習を促進させて最適化を図ったりしたところで結果は出ません。

なので、 検索広告で結果を出すための知識と考え方を学べる検索広告基礎講座の第0講目となります今回は、代表的な検索広告が適さないケースを商品・サービスを実例を添えて紹介します。

なお、広告をすることになった商品・サービスが検索広告で結果を出しにくい場合、検索広告でどうにかしようとするのではなく、検索広告以外の広告手法や、そもそも広告ではない方法を検討した方がよっぽど早く効果的です。とどのつまり、商売がうまく行けばいいのであって、それを検索広告で実現しなければならない理由はありません。なので後述しますが、代理店の場合、よく分かっていない人に提案・受注を任せるのは危険です。

検索広告で結果が出ない案件は提案時から問題がある

代理店さんや運用者さんに対するコンサルティングの現場でよくあるケースをご紹介します。

よく『このアカウントのリスティングが成果でないのでアドバイスをお願いします(ママ)』と相談をされますが、そもそも検索広告でどうにかできる商品・サービスではないものを、機械学習とか最適化でどうにかしようとして苦労している場合が多々あります。

経緯を聞いてみると、多くは「とりあえずGとYのリスでー、予算はー…(ママ)」のように、提案前に検索広告をすべきかどうかを検討せずに検索広告をするありきで受注した案件です。

特に、社内のパワーバランスで営業が強く新規営業だけを担当する社員がいる代理店や、そうではない代理店でも経営層の知り合いからの紹介の案件でよく見かけます。

要するに、検索広告で結果を出したことがない人が広告メニューを決めて受注してきてしまっている場合、検索広告が適さない商品・サービスで検索広告をすることになってしまう場合が多いので注意が必要です。

検索広告が適さない商品・サービスの検索広告は、労力を持っていかれる割に何をやってもだめなので施策の成功体験がたまらずに引き出しが増えません。検索広告で結果を出せる運用者になるためには、検索広告では検索広告が適さない商品・サービスを見抜き、このような案件の担当者にならない立ち振る舞いをするのも重要です。

検索広告で結果が出にくいケース

ここからは、検索広告で結果が出にくい商品・サービスの特徴を、商品・サービスの例を添えて紹介します。

検索広告が出にくい場合1:ドンピシャの検索キーワードがない

例:新しい外国語学習メソッドの教室集客および教材販売

例えば、聞いているだけで英語が話せるようになる【プピペポパメソッド】が頓珍漢大学の研究で見つかって、それを教える教室への集客や教材の販売をしたいと考えているケースを考えてみましょう。

まず【 プピペポパ メソッド】はまだ認知されていないので、検索ボリュームは限りなくゼロです。

検索広告は、検索されて初めて表示される広告です。なので、検索できないものはユーザーの目に触れることもないので、検索広告で結果を出すことはできません。

検索広告が出にくい場合2:表示できる検索キーワードが広すぎる

例:新しい外国語学習メソッドの教室集客および教材販売

ひとつ目の例で紹介した【プピペポパメソッド】を検索広告で無理やり売ろうとした場合、「英語 学習 教材」や、絞っても「英語 学習 教材 自習」くらいです。まだまだ意味が広すぎます。

プピペポパメソッドで英語を学習したい人は「英語 学習 教材 自習」と検索していますが、「英語 学習 教材 自習」と検索しているユーザーがプピペポパメソッドで英語を学習したいとは限りません。

『キャベツは野菜である』は真ですが、『野菜だからキャベツである』は偽です。

この様にニーズが広すぎる検索キーワードではコンバージョン率がとても低くなります。コンバージョン単価を合わせようとすれば入札単価を大幅に下げなければなりませんが、それでは有効に広告が表示できません。一方で、広告が表示できるところまで入札単価を高めたらコンバージョン単価がものすごく高くなります。

検索広告をやるありきで、広告を表示させるためにキーワードを設定するとこのパターンに陥りがちです。

検索広告が出にくい場合3:無料の選択肢が他にたくさんある

例:アパート一棟買いに特化した不動産投資の有料セミナーへの集客および教材販売

「アパート一棟買い」の不動産投資は比較的認知されているのでドンピシャの検索キーワードが存在し、ユーザーも検索できます。しかし、この検索広告も結果が出ないことがほとんどです。

なぜなら、「アパート一棟買い 不動産投資」と調べているユーザーは、【無料で】アパート一棟買いの不動産投資の情報を収集している人がほとんどで、【お金を払ってまで】アパート一棟買いの不動産投資の情報を読んだり話を聞いたりしたいわけではありません。

無料の選択肢が他に多くある場合、広告をしなければ集客できない・売れない程度の認知度しかない人物・会社の有料のセミナーや教材は選ばれません。コンバージョン率が低いためふたつ目の例と同じ状況になります。

検索広告が出にくい場合4:特徴・強みがユーザーにピンとこない

例:不動産仲介

『検索広告で結果が出ない』と悩むアカウントは有名企業ではないことがほとんどなので、なんとなくで選ばれることはありません。予算も限られるので上位に表示させることもできないので、下の方に表示される広告で「あえてここにしようかな」と思ってもらえるだけの理由がなければ聞いたこともない会社は選ばれません。

アパレルブランドの公式通販で買い物をするのは怖く、フリマアプリで買うほうが有名だから安心と思っているユーザーも少なくない昨今ではなおさらです。

不動産仲介のような、すでに大手のサービスが複数存在している商品・サービスで検索広告で結果を出すのは難しくなります。とどのつまりどこでもほとんど変わらないため、ユーザーは上位表示されている広告をなんとなくクリックします。

あえて上位表示されていない広告を選んでもらうためには特別な何かがなければなりませんが「営業力と提案力が強み」とか「地域密着・地元に貢献」とか言われても具体的なメリットがピンとこないため、あえてクリックしてもらう理由にはなりません。

検索広告が出にくい場合5:起業しやすい領域の商売

例:不動産仲介

起業しやすい商売に関しても検索広告は難しくなります。

起業しやすいので広告主が多く競合性が高くなりがちです。広告を表示させるためには高い入札単価が必要になりますが、選択肢が多いとコンバージョン率も低めになりがちなためコンバージョン単価が合わず、コンバージョン単価を合わせようとして入札単価を下げると広告が表示できなくなります。

検索広告では無理なものを無理と見抜く力が必要

『できない理由じゃなく、できる方法を考えろ』なんて言葉がありますがこの考え方は検索広告ではしないことを強くおすすめします。

対面営業なら説得とか泣き落としとかでどうにか売れるかも知れませんが、検索広告については検索をするかどうか、広告をクリックするかどうか、購入したり申し込んだりするかどうかもすべてユーザー次第です。広告主(運用者)の側から働きかけることはできません。

なので、検索広告については無理なものは無理です。

売れないものを運用とか最適化で売ることはできません。

検索広告については、検索広告で売れるものなのかをやる前に見抜くことが重要です。また、初めたあとも「これは検索広告では無理」と判断して撤退する勇気も大切です。

検索広告【以外】の選択肢を常に考えよう

なぜか『ネットでの集客で一番良い方法は検索広告』と信じて疑わず、「まずはGとYのリスでー(ママ)」と検索広告をやらないと他の広告をやってはならないと思っている人がいますが、まったくそんなことはありません。

検索広告がだめでも他の広告なら可能性がある場合も多々あります。

無理して検索広告をやって予算を浪費して、本当はやったほうが良い他の広告を「予算がー」と言ってやらない謎な運用者が少なくありませんが、

検索広告が一番良いとは限りませんので、検索広告以外の選択肢を常に考えましょう。検索広告を辞めてでも他の広告をしたほうが結果につながるケースも多々あります。